プライバシーを守る

青いケーブルと部品

不要になったパソコンのデータは、データをゴミ箱に削除しても、ハードディスクのフォーマットを行っても、実際はデータが見えなくなってアクセスできなくなっているだけで、ハードディスクにはまだ本来のデータは残っていることが多いです。 そのため、データ復元を行う特殊なソフトを用いると、いったん削除したデータを読み取ることができてしまう、ということもあり得ます。このため、悪意のある人により、パソコンの個人情報などが抜き取られ、予期せぬ用途に使われる恐れがあります。 あるいは、中古のパソコンを購入した人が、パソコン上に大事な顧客のデータが入っていたりしていた、というトラブルも少なくありません。 そこで、パソコン内のデータ消去の方法には、ハードディスクを物理的・磁気的に破壊するという方法があります。 物理的な消去方法とは、ハードディスクを分解したり、切断、穴をあけたり、またはハンマーなどで叩き潰したりして、ハードディスクそのものが利用できないようにすることです。 磁気的な消去方法としては、ハードディスクに強力な電磁界を発生させて、ハードディスク内のデータを消去する方法です。

物理的に破壊するのは破片が飛び散ってけがをする恐れがあるため、あまりお勧めできません。磁気的に破壊するのも、なんか費用がかさむかも…。そんな時は、ハードディスクの全データを無意味なデータに書き換えるという作業をしてくれる、専用のデータ消去用ソフトが販売されているので、それを活用するのもおすすめです。 パソコンを中古販売店などに売ることを考えている方は、売却する際に、販売店のほうでデータ消去を行ってくれる場合があるので、サポート窓口などに相談してみてください。 また、データ消去専門のサービスを行っている業者もいるそうなので、そちらを活用するのもいいかもしれません。業者により、消去方法も様々です。 パソコンのデータ消去に悩んでいる方は、一度検討してみてはいかがでしょうか。