作業効率化が可能に

ノートパソコンとマウス

PCのファイルをインターネット上に保存できるオンラインストレージは、個人向けのサービスが主流でしたが、最近は法人向けのサービスも増えてきています。 企業が業務で扱うデータは、そのほとんどが機密データなので、これまでは、他社のオンラインストレージを利用することに抵抗を感じる企業がほとんどでした。 しかし、今ではクラウドのビジネス利用が一般的となり、この状況にも変化がみられます。 各社が提供する法人向けオンラインストレージは、個人向けと異なる、企業の使用にも耐えうるような多くの機能を持っています。 強固なセキュリティはもちろん、多人数で使うことを考慮した細かなアクセス権限設定機能や、管理を楽にするための便利な管理ツールもそなえています。

法人向けオンラインストレージは、日常的な業務を便利にするものです。 例えば、取引先へ文書ファイルを送ったり、逆に受け取ったりということはよくあります。 よくあるやり方は、メールの添付ファイルにする方法でしょう。しかし、添付ファイルにはサイズ制限があり、あまり大きなファイルは送れません。また、ファイルを暗号化するのを忘れないようにしないといけません。 オンラインストレージを使えば、この作業はもっと楽になります。 取引先にファイルを送る場合、ファイルをオンラインに保存すれば、あとはメールにダウンロード用のURLを記載するだけですみます。ファイルをダウンロードするときにパスワードを聞かれるので、これでセキュリティを確保できます。 逆に受け取る場合も、保存先フォルダのURLを取引先に教えて、保存してもらえばよくなります。 これ以外にも多くの便利な機能を持つ法人向けのオンラインストレージは、業務の効率化に非常に役立つツールです。今後はさらに当たり前のものとなっていくでしょう。